なぜfxは海外でやるのか|初心者さんでも株式を運用可能|未来はこの手の中に
マネー

初心者さんでも株式を運用可能|未来はこの手の中に

なぜfxは海外でやるのか

レディー

ポイントはレバリッジ規制

fxを考えている場合、国内で取引を行う選択肢と、海外fxを選ぶ選択肢にわけられます。国内の方が言語の壁がないことから有利と考えている方もいますが、必ずしもそうとは限りません。あえて海外fxを選ぶ方も多くいるのです。国内ではなく海外fxの業者が選ばれている背景として、レバリッジ規制が挙げられます。預けたお金に対して、取引できるお金の倍率を指すのがレバリッジなのですが、日本ではこのレバリッジが25倍までという規制が設けられています。レバリッジ規制は過剰投資を防ぐために設けられた制度なのですが、この制度があることによって、国内fxだと少額で稼ぐチャンスが減っているというのが現状です。しかし、海外fxならば、少ない投資額でも規制がないため何倍にもして稼ぐチャンスが広がっています。

レバリッジ以外のメリット

海外fxの業者を利用することのメリットは、レバリッジ規制だけではありません。日本と海外の業者の仕組みが異なる点にも、海外fxのメリットが存在しています。そこで注目するべきなのが、スプレッドの問題です。海外fxでは、仲介業者が儲けを出すためには、投資者の取引量が増える必要があります。一方、日本の仲介業者だと、投資者が損をした方が儲かる仕組みができています。このような仕組みの違いから、投資者にとっては、海外で投資するほうがメリットが大きくなるのです。また日本にある追証というシステムが、海外にはないことにも注目です。追証とは、証拠金以上の損失が出た時に、投資者にマイナス分の損失を請求するシステムです。このシステムがない海外fxならば、証拠金以上の損失が出ることはありません。

Copyright © 2016 初心者さんでも株式を運用可能|未来はこの手の中に All Rights Reserved.